FC2ブログ

ホスタガーデンズの庭づくり@群馬

群馬県高崎市を拠点に、個人邸や商業施設などのガーデンデザインと施工をしています。エクステリア、造園、植栽、ガーデンリフォームなど庭のことなら何でもご相談ください。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

植栽を引き締めてくれるもの

例え「和」の庭でなくても、景石をよく使います。

植栽地をマウンドさせる事が多いので、その土留めも兼ねていたりします。

砕石敷きと景石


景石は、植栽をうまく馴染ませて,、引き締めてくれるような気がします。 

ここは、建物の内側のカウンター席から眺める場所です。
景石のところで(多分)自然と視線が止まります。

ビバーナム・ダビディが成長して石の存在感をもう少しなくしてくれると
バランス良くなります。

福祉施設のショップなので、手のかからない植栽をということでしたので
宿根草は少なめです。

riberuta01.jpg


植栽が成長して、石があまり目立たなくなるのを想定しています。

砕石敷きとの境界部分には、低く拡がっていく宿根草を植えてあります。
この時植えたヒメエニシダが急激に大きくなったので、びっくりしました。
ヒメエニシダといっても、2m位にはなります。

ヒメでないエニシダは、外国では増えすぎて駆除作業している地域もあるとか。
日本でもマメ科のニセアカシアが増えすぎて生態系をこわしているけれど
それと似ています。
他には、トウネズミモチもどんどん増えているらしいです。

最近よく使われている「シマトネリコ」はどうなのでしょう?
意識してあまり植えないようにはしているのですが。


最後まで読んで頂きありがとうございます。
ランキングに参加しています。
下のバナーを一日一回クリックして頂けると、大変嬉しいです<m(__)m>

     ↓↓↓↓↓          ↓↓↓↓↓   
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ  にほんブログ村 花ブログ 造園業・植木屋へ

   お手数掛けてすみません。
   いつもありがとうございます!!

 

  


       

      


 

関連記事

| 庭づくり | 05:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://hostagardensblog.blog.fc2.com/tb.php/73-3fe9ed08

TRACKBACK

<< PREV | メイン | NEXT >>