FC2ブログ

ホスタガーデンズの庭づくり@群馬

群馬県高崎市を拠点に、個人邸や商業施設などのガーデンデザインと施工をしています。エクステリア、造園、植栽、ガーデンリフォームなど庭のことなら何でもご相談ください。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

過去の施工例「水鉢のある庭」

以前のブログが表示できなくなったために
再掲載している「過去の施工例」がもう少し残っています。
----------------------------------------------------------------

この庭を工事したのはもう5年前。

HPからのご依頼第一号で、事務所からの距離は約70㎞。

県外で初めて行く場所でしたが
ネットでかなり探して来られてお問い合わせを頂いたのが
とても嬉しかったのを覚えています。

東京都内の通勤圏のため
前の道路を歩く方がとても多く、そして何かと声を掛けて頂き

工事が終わる頃にはこの町がとても好きになっていました。

若いご夫婦ですが「和」の雰囲気の庭を作りたいというご希望で
お話するうちに
子供の頃に何気なく見ていたような
懐かしさの感じられる庭というイメージが浮かびました。

kn邸

玄関のドアを開けると
通行人と目が合うのが「嫌」とのことでした。

そこで、道路から家を隠すのではなく
見えていても気にならない程度に仕切るために
空洞のレンガを積み、角柱を隙間を空けて並べました。

最初にメールで送られてきた施工前の写真
kn施工前
同じアングルから、施工後
kn施工後
変形の敷地であったため、レンガと角柱をずらしてあります。

既に出来ていたコンクリートの階段部分が味気ないので
アプローチと同じ石を貼りました。

イタリア斑岩という石ですが
この方形タイプのものは今では
価格が倍くらいになってしまいました。

kn邸


ニューサイランやマホニアコンヒューサなどを植えました。
今もよく使っている植栽です。

イタリア斑岩ポルフィードの階段

イタリア斑岩は濡れるとこんな色

自然石の中では、個人的には一番好きな石

価格も高めですが、ちょっと無理しても
使う価値ありと思います。

時が経っても、
時が経てば経つほど
味わいのでる石だと思っています。     
ウォールの裏側

 変形敷地なので
ちょっと苦労しました。

けれど、乱形の石貼りでなく
方形(四角の石)にこだわりました。

水鉢

南側の和室前は、小さな和の空間。

畳に座って見える位置に自然な様子の手水鉢を据えました。

手前は利根石と伊勢ゴロタ。
kn200703049.jpg

縁石と、丸い利根石の上を
一応歩いてもらいます。

植栽地と砂利敷きの区切りの縁石は   
六方石。
施工はワタクシ。

この植栽地の後ろ側にはコンクリートのスロープが続いています。

バイク用の物置へとスロープは続きます。
    

kn邸
エアコンの室外機の送風を避けるために竹垣をつけました。

手前の紅葉したのは、ブルーベリー。

この隣に芝のスペースが少しありますが
こちらは施主ご夫妻が二人で張りました。

春になるとミツバツツジの花が咲きます。


※蹲:つくばいは茶庭の要素で、
手水鉢、前石、手燭石、湯桶石など役石があるものなので、
単に雰囲気で水鉢をおいた時は「つくばい」とはいわず、
水鉢または、手水鉢といいます。
 

(と、師匠が注意してくれました。蹲って言わないでねって)

最近の施工例もあります。→こちらへ



↓↓↓↓↓↓ランキングに参加してます。よろしかったら、クリックお願いします。 

にほんブログ村 住まいブログ エクステリア・ガーデンへ   にほんブログ村 花ブログ 造園業・植木屋へ   にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ 

    人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ


 

関連記事

| 施工例 | 17:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://hostagardensblog.blog.fc2.com/tb.php/42-2ee64961

TRACKBACK

<< PREV | メイン | NEXT >>