FC2ブログ

ホスタガーデンズの庭づくり@群馬

群馬県高崎市を拠点に、個人邸や商業施設などのガーデンデザインと施工をしています。エクステリア、造園、植栽、ガーデンリフォームなど庭のことなら何でもご相談ください。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

地震の恐怖

ちょうど、コーヒーカップをカウンターに置いたときだった。
事務作業をしていたので、室内にいた時建物が揺れ始め、何かに揺さぶられて
いるのかと思うくらい、激しく長く続いた。
地震だと気がついてからも、あまりにも長く揺れつづけたので、怖くて手が震えて
いるのに気付き、これは普通の地震じゃないと思った。
ひとりだったので余計に恐ろしかったのかもしれないが、テーブルの下にうずく
まりながら、周りが次々と壊れていく映画のシーンが頭に浮かんだ。


数分間は揺れていたのだと思う。
揺れが収まって、テーブルの下から這い出てカウンターを見たらコーヒーがこぼ
れていたので、あわてて拭いたり壁にかかっているお皿を外したりしている内に
余震が来た。同じくらい激しく揺れ、そのあと何度も余震が続いた。

離れて住んでいる家族に電話したけれど、誰にもつながらずメールも送信できず
twitterで都内の様子などを調べようとしたけれど、情報といえるものは僅かで
諦めて静かに連絡を待つことにした。
結局、都内に住む長男は6時間かかって家に戻ったそうだ。
横浜にいた甥は次の日に高崎に帰ったきた。

その間にも何度も余震が続いて、怖かった。
友人は余震がひどくて畑の中に車を停めてその中で夜を過ごしたそうだ。

この間ずっと、阪神大震災やそれ以外の地震で被災された方々の恐怖を想像
しながら、胸が締め付けられる思いが、今更だけどした。

テレビに流れる映像を見ながら、涙が流れてくる。
まるで映画のシーンのようだが本当の事なのだと、脳を説得する。そうでないと
信じられない光景が次々と流れてくる。
テーブルの下で感じた恐怖の思いが、被災された方の怖さや悲しみにつながっ
ている。

いま私にできることは何なのか?
昨日出席した市民講座の講師のお医者様は、「何ができるのかと考えた時、
自分に出来ることをしよう、と思った。」とおっしゃって講演をされた。

今私にできることは、被災地の方が一刻も早く救助されるよう祈るだけなのです
が今、反省しているのは、転送されたチェーンメールを自分も転送してしまった
こと。お互い善意だけれど、簡単に転送するのはやめようと思っていたのに。

出来るだけ早く、できるだけたくさんの方が救助されることをお祈りいたします。

たったいま、また余震が来た・・ 

「にほんブログ村 エクステリア・ガーデン  にほんブログ村 造園業・植木屋
にほんブログ村 ナチュラルガーデン
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

関連記事

| 日々の暮らし | 08:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://hostagardensblog.blog.fc2.com/tb.php/15-102ffdfe

TRACKBACK

<< PREV | メイン | NEXT >>